規約

愛知少年剣友会規約

第1条(名 称)
 本会は、愛知少年剣友会と称する。

第2条(設立年月日)
設立年月日は、昭和50年4月1日とする。

第3条(所在地)
 本会の連絡所は、代表者宅に置く。

第4条(目 的)
 本会は日本古来の武道である剣道を通じ、青少年に体育の練成と技術の向上に努めるとともに、心身共に健やかな礼儀、正しい青少年の育成と剣道の普及に寄与し、あわせて会員相互の親睦を図ることを目的とする。

第5条(会 員)
(1) 本会の会員は、原則として愛知郡近郊に居住する剣道を愛好する幼児・小・中・高校生及びその父兄、学識経験者により組織する。
(2) 在籍年数25年以上の会員については名誉会員とし年会費を要しない。

第6条(入会及び退会)
(1) 本会に入会する者は、所定の入会申込書及び念書を会に提出するものとする。
(2) 本会を退会しようとするときは会長にその旨を申し出ると共に、所定の退会届を提出するものとする。

第7条(会員の義務)
(1) 会員は練習に当たり指導員の指示に従い不測の事故防止に努めなければならない。
(2) 会員は毎月一定額の会費を納めなければならない。
(3) 会員は不測の事故に備えるため、スポーツ傷害保険に加入しなければならない。
(4) 愛知少年剣友会の練習以外に、他の道場等にいく場合は必ず先生の許可を得ること(学校の部活は除く)。
(5) 愛知少年剣友会の会員として剣道を修業するものとして、ふさわしくない行動及び行いをしたと思われる者は、愛知少年剣友会を退会除名するものとする。
(6) 会員の活動中における傷病又は往復時の事故治療費は自己負担とする。
(7) 練習中の受傷等に対する保証はスポーツ傷害保険の範囲内において行い、それ以外はいかなる団体、個人に対しても責任を追及しない。

第8条(役 員)
(1) 本会に次の役員を置く。
・会長1名
・副会長1名
・会計2名
・会計監査役1名
・代表者1名
ただし、役員の人数・役務については役員会の議決で変更することができる。
(2) 本会に顧問を置くことができる。顧問は愛知警察署長をもってあてる。

第9条(役員の任期)
 役員の任期は2年とする。ただし再任は妨げない。なお、補欠により選任された役員の任期は前任者の残りの期間とする。

第10条(役員の選任)
 役員は総会において選任する。

第11条(役員の任務)
(1) 会長は会を総括し、本会を代表する。
(2) 副会長は会長を補佐し、会長不在のときは会長の代行をする。
(3) 会計は会の経理を処理する。
(4) 会計監査は会計事務を監査する。
(5) 顧問はこの会の質問に応え、会の運営に関し必要な助言を行う事ができる。

第12条(相談役)
 本会に相談役を置くことができる。

第13条(指導者及び指導員の委託)
(1) 本会の指導は、会長の委託を受けた全日本剣道連盟により免許せられた六段以上で同連盟社会体育指導員の資格を有する者がこれにあたるものとする。
(2) 委託を受けた指導員は必要に応じて準指導員を指名することができる。指名をする準指導員は、全日本剣道連盟により免許せられた三段以上で同連盟社会体育指導員の資格を有する者とする。
(3) 準指導員指導員の指示に従い、指導員を補佐するものとする。
(4) 愛知警察署長は愛知警察署員の中から指導員を指名し、指名された指導員は本会指導員と連携をとりながら指導にあたることができる。

第14条(会 議)
(1) 会議は総会及び役員会とする。
(2) 会長は議長を務め、年1回以上総会を招集し、年度方針及び計画、会計報告、規約の変更(ない場合は必要としない)、その他会員に報告が必要と思われる事項(ない場合は必要としない)を会員に報告し、承認を得なければならない。
(3) 会長は必要に応じ役員を招集して、役員会を開催することができる。
(4) 会長は役員会で議長を務め、次の事項について議論するものとする。
① 役員の役務分担
② 年間の行事計画及び行事内容
③ 稽古場所及び稽古時間
④ 会費及び参加費の金額、徴収方法
⑤ 稽古をする場合の注意事項
⑥ 規約の変更
⑦ その他運営に必要な事項

第15条(議 決)
 総会、役員会の議決は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。 

第16条(経 費)
会の経費は次のものをもって充てる。
(1)会 費
(2)寄付金
(3)その他の収入

第17条(慶弔費)
 本人と両親の死亡に関して、香典として会から5,000円を支出する(現会員に限る)。

第18条(会計年度)
 本会の会計年度は毎年2月1日に始まり翌年1月31日で終わる。

以 上